ネットワークビジネスの会社の中で、インターネットでの活動を
許可している会社はあまり多くありません。

資料請求いただく方から、

ネットでいくつか資料請求してみましたが、全て同じ会社でした。
他のMLMの会社はネットでの活動禁止されているのでしょうか?

というご質問いただくことがあります。

確かに、日本語検索で「ネットワークビジネス」「インターネット」
と検索したら、その上位サイトはほとんど私達と同じ会社の
グループの方のサイトが表示されていますね。

考えられる理由として、以下の2つがあります。

1SEO対策ができているグループのサイトが上位表示されている。
2ネットでの活動を許可されている会社が他にない。

まず、1の方ですが、ネットで活動するということは、他のネットビジネス
同様に自分のサイトを上位表示させることが必須です。
そのためのSEO対策に皆さん努力されています。

現在、国内大手の検索エンジンであるYahooとGoogleは同じ検索
システム(アルゴリズム)を使用しているため、検索結果はほぼ同じです。

ですから、SEO対策とは、Googleのアルゴリズム対策といえるでしょう。
これも全てが分かっているわけでもないし、常にアルゴリズムが更新
されているため、順位の変動もあります。

常に一定の上位ランキングを保つためのノウハウ、専門のSEO業者
でも色々と苦労していますが、私達も頑張っています。
こういうSEO対策のノウハウがあるグループのメンバーのサイトが
検索エンジンで上位表示されているのです。

他の会社でもネットでの活動できるところありますが、
個人で作成したサイトでなく、会社公式サイトのみでの
活動を認めているところが多いようです。

それが、2の理由になります。

ネットでの活動を禁止している会社、
もしくは、一時期、許可していたのに禁止になった
会社もあります。

その理由は、一部の会員の活動方法に問題があるから
でしょう。

インターネットを利用してサービスや製品の販売等を行う場合、
特定商取引に関する法律があります。

この法律は、 訪問販売など消費者トラブルを生じやすい
特定の取引類型を対象にした、 トラブル防止のための法律で、
インターネットを利用したビジネスは、「通信販売」にあたり、
ネットワークビジネスは、「連鎖販売取引」 にあたります。

特に気をつけなければならない点は以下の3つです。

1 広告表示

自分でHP作成する場合、必ず表示しなくてはいけない事項が
詳細に定められています。
このサイトの特定商取引に基づく表示が、それにあたります。

2 誇大広告の禁止

「すぐに楽して儲かる」
「3ヶ月後には月収100万円」
みたいな釣り文句はダメだということですね。

特にサプリメントの場合、
「癌が治ります」
「糖尿病に効きます」
のような、薬事法に違反する記載には気をつけ
ないといけません。

3 顧客の意に反して申込みをさせようとする行為の禁止

契約内容などがわかりにくい文字で書かれていたり、
パソコンの誤操作で申し込み確定にならないように注意など
記載することです。

他にも、申し込んでもいないのに、メールを突然送りつける
行為も禁止されています。これは過去記事にも書いていますね。

残念ながら、上記のことに違反するメンバーがいるため、
会社によっては、ネットで活動を禁止しています。

その点、私達の会社は良識あるメンバーが多いので、
こういうトラブルが今までなかったため、ネットでの活動が
禁止されずに続けられるのです。

ですから、10年以上もネットで活動できる優良なネットワーク
ビジネスの会社であり、グループだという証拠ですね。

口コミなしで、ストレスなし、
ネット環境さえあればできるので、在宅ビジネスとしても最適です。