ネットワークビジネスはアメリカで生まれた新しい販売システム
のビジネスです。

過去にこのシステムを利用した悪徳業者が社会的に大きな問題
や事件を起こしたため、国によっては禁止されているところも
ありますが、正しく活動すれば、会社も会員もお客様も喜ぶすばら
しいビジネスです。

そのためにも、国の法に基づいて正しい活動をしないといけません。

日本の場合、特定商取引に関する法律」(法第37条1項)があり、
その中に、交付が義務付けされている書面があります。
これが、概要書面です。

会員勧誘時(本人がやる、やらないにかかわらず)に交付しなけ
ればなりません。未交付の場合、主宰企業が罰せられます。

もちろん、私たちのグループでも、無料資料発送時にお届けして
いますから、よく内容をご確認ください。

★ 概要書面の記載について

● 文字・数字の大きさ(日本工業規格の8ポイント以上で記載)
● 赤字赤枠で「この書面を よく読むように」「クリーンオフ」と記載
● 記載事項は
1 統括者(紹介者)の名称、住所、電話番号、氏名
2 商品の種類・性能・性質に関する重要な事項と商品名
3 サービス(役務)や権利の種類や内容に関する重要な事項
4 販売価格、引渡しの時期や方法などの重要な事項
5 特定利益に関すること
6 特定負担の内容
7 クーリング・オフなどの重要な取引条件
8 法律で定めた禁止行為(勧誘などの場合に禁止される行為)
9 退会・解約の仕方など

以上のような重要事項を開示しなければいけません。

私も会員規約とともにこの概要書面は、何かあった時には必ず
確認しています。

これを読んで分からない場合は、アップやグループのMLに投稿
会社に確認しています。

ご入会前に必ず目を通して、疑問におもわれることは紹介者に
お尋ねください。