ネットワークビジネス(MLM)も時代の変遷とともに、変わっていますが、
マーケティングも同様です。

まずは、マーケティングの基礎からご説明します。
1961年にアメリカのJ・E・マッカーシーが提唱した4Pです。
これは以下の4つの頭文字から呼ばれています。

  • Product(製品)
  • Price(価格)
  • Place(流通)
  • Promotion(プロモーション)


これは、メーカーや企業側から、顧客へのマーケティングをどう展開するか
と考えだされたものです。

日本でも当時は、「マーケティング」という考え方自体が革新的で、
4Pという覚えやすさから、業界では広く浸透しています。
また、現在でもほとんどのマーケティングの本に4Pが説明されています。

その後、時代の変化とともに、メーカや企業などの売る方の視点より、
「顧客志向」の重要性が認識されるようになってきました。
そこで、新しく出てきた概念が、
R・F・ローターボ-ンが、1993年に提唱した4Cです

4Cとは、4Pの売る方視点に対して、買う方の視点の要素です。

  • Customer Value(顧客価値)
  • Customer Cost(顧客の負担)
  • Communication(コミュニケーション)
  • Convenience(利便性)

マーケティング戦略が成功するためには、企業の提供する商品が、
顧客が要求している価値にマッチしていることが重要です。
4Pに対して、4Cと覚えやすいので、こちらもすぐに広まりました。

しかし、この4Cが提唱された当時、
インターネットは現代ほど一般家庭に普及していませんでした。
また、現在のように、ツイッターやFacebookなどのソーシャルメディア
の普及によるマーケティングへの影響力についてまで、
考慮されていませんでした。

そのため、インターネットでの広告活動がマーケティングとして活用
されている現在の状況では、また違った考え方が必要となってきました。

私達のネットワークビジネス(MLM)も、在宅ビジネスとして、インターネットを
利用し、実店舗の代わりにホームページを使っています。
ホームページでいかに効率よく集客するかが重要な要素となってきます。