ネットワークビジネスにおけるディストリビューターの仕事に対する心構え
について、今日は書いていきます。

ネットワークビジネス(MLM)にしろ、ディストリビューターにしろ、
英語ですからちょっと格好よく聞こえますね。

以前、パートナーさんが

運動靴の仕事とハイヒールの仕事では、質が違う

と、いう話されていましたが、確かに
運動靴=肉体労働、直接人に合わない仕事
ハイヒール=頭脳労働、接客業
みたいな違いを感じますね。

ネットワークビジネスの場合、口コミ活動では、いわば接客業ですから
男性ならスーツ、女性ならハイヒールというイメージでしょうか?

では、オンライン=インターネットでの活動の場合、どうでしょうか?
在宅ビジネスですが、PCさえあればどこでででもできますし、
直接ゲストさんにお会いすることないので、どんな格好でもOKです^^

私もほとんど自宅なので化粧もしないで、部屋着です。
私の場合、不器用なので色々なこと同時にできませんから、
メールや記事を書く時には、音楽もなしです。
いい音楽聴いていたら、意識がそっちにいってしまうので、
集中できなくなるからです。

人によっては、音楽聞きながらでも大丈夫な人もるでしょう。
でも、私ができないから言うのではありませんが、
これはビジネスなので、やはり、ネットだけの活動でも、
目の前に相手がいると想定して相手に真剣に向き合って
メールを書くべきだと思います。

たとえば、電話などでも相手が目の前にいなくても、
頭下げながらお詫びする人いますよね。
お詫びでなくても、あなたは大切なビジネスの電話をベットに
寝っころがってしますか?

ネットワークビジネスは自分から始まるグループを育てていきます。
アップの頑張っている背中を見ながら、自分も同様に頑張っていきます。
いわば、アップのコピーとなるわけです。
なので、アップのビジネスに対する心構えも、
グループの人たちに同様に伝わります。

メールの文章だけで信頼していただくには、
相手のメールを真剣に読まないとお返事できません。
たとえハイヒール履いていなくても、スーツを着ていないくても、
メールを書くときには、接客しているような気持ちで、
相手に真剣に向き合いましょう。

その気持ちがメールの文面から、ちゃんと相手に伝わります。
私も今度からメール書くときは、家の中でハイヒール履いて
みようかしらん(笑)
きっと書く文章も変わってくるでしょうね^^

どんな、格好していても、気持ちの持ち方、心構えで違ってくる
のはどんなビジネスでも同じだと思います。

これが、私が考えるディストリビューターの仕事に対する心構えです。