ネットワークビジネス(MLM)は、

マルチレベルマーケティング =  
マルチ商法

と呼ばれることもありますが、
この呼び方はイメージが悪いのであまり使われていません。
それは、過去に「マルチまがい商法」の悪徳業者が社会的問題を
起こした
からです。
マルチ商法と悪徳マルチの違いもご参考にしてください。

 

現在では、大手企業もMLMの流通システムに注目し、採用して
いるところもありますし、新規の会社も毎年多数参入しています。

会社にとってのメリットは、
● 宣伝費などがかからない。
● 地方からでも配送できるので、土地の安いところに会社を建てれる。
地方にとっても、会社や工場が建てば、活性化になりますね。

消費者にとっても
● 工場から直接商品が届くと、中間マージンがない。
● 新鮮な商品が工場から直接届くので安心。
● 宣伝費を使わない代わりに、消費者が商品の宣伝を口コミで行う
ことで、消費者に報酬が支払われる。


現在多くの方が、会社の商品の販売員(ディストリビューター)として、
このビジネスに携わっています。

まずメリットからあげてみましょう。

● 始めるのに資金が必要ないので、簡単に始められる。
● 大きな資金が必要ないので、リスクもない。
● 仕事時間や場所なとに拘束されず自由に出来る。
● 自分のペースで行うことが出来る。
● 社会的地位やコネ、経験などに関係なく成功できる。
● 頑張った分だけ報われる公平性。
● 好きな時にやめることができる。
● 権利収入を得ることができる。

さらに、私たちのようにインターネットで活動す場合のメリット

● セミナーやミーティングに参加する必要がない。
● 人と直接会うストレスがない。
● 自分から勧誘しなくても、HPを見た人の方からコンタクト取ってくる。
● メールでのやり取りが主なので、好きな時間、場所から返事できる

そしてデメリットですが、口コミでの活動の場合

● 知り合いなど声をかける人数に限りがある。
● 興味がない人を勧誘すると迷惑がられ、人間関係にもひびが入る。
● 直接断られることでストレスになる。
● セミナーやミーティングの参加に時間や費用がかかる。
● 在庫や販売がある場合、費用もかかるし、場所も必要。

などがあります。

また、メリットの方だけ見ると、すばらしいビジネスに感じられますが、
これも裏をかえせば、デメリットにもなります。
例えば、上記のメリットですが、

● 始めるのに資金が必要ないので、簡単に始められる。
● 大きな資金が必要ないので、リスクもない。
● 好きな時にやめることができる。
⇒ 誰でも簡単に始められけど、辞めるのも簡単

● 仕事時間や場所なとに拘束されず自由に出来る。
● 自分のペースで行うことが出来る。
⇒ 自由な仕事、締め切りがないとなかなかやる気が起こらない。

● 社会的地位やコネ、経験などに関係なく成功できる。
● 頑張った分だけ報われる公平性。
⇒ どんな人でも公平に成功できるけど、成果報酬なので時給のように
決まったお給料がもらえない。頑張りが必要なビジネスです。

● 権利収入を得ることができる。
⇒ これも、権利収入を得るためには、自分から始まるグループを作る
必要がある。一人ではできません。

せっかくのメリットをデメリットにしないためにも、自分でモチベーションを
保ち、継続した活動をすることが大切です。