副業として取り組むことができる在宅ビジネスを探している方
このサイトを見つけていただき、ありがとうございます。

今の時代、会社勤めしていても、いつその会社が倒産するか、
もしくは、倒産しなくても、経営不振に陥り経費削除のため
従業員を解雇することもあるでしょう。

という私も、実はいままで続けていた近所のホテルのパートを
切られました。

他の従業員、正社員だった人がパートになったり、
正社員でも以前より仕事が減り、結果としてお給料が減ったために
新しい仕事を見つけて辞める人もいました。

同じ系列の隣街にあるホテルは、建物ごと売却され、
現在は難民の住居として利用されています。

2015年、ドイツに入ってきた難民が100万人超えました。
冬になってテント生活することができないので、
住居が必要ですが、体育館などを開放しても足りない
というのが現状です。

一般の住居で空き部屋があったら難民に貸すことで
家賃や光熱費は地方自治体が負担し、大家としては確実な
家賃収入が得られますが、
言葉も習慣も違い人たちと共同生活ができるかどうか不安です。

ゴミの分別とか、共有場所の掃除とか、
周りの住民とうまくやっていくことできないとお互いストレスです。

ドイツの場合、すでに多くのトルコ移民を受け入れている経験が
あるので、そこから学んだことも多いでしょう。
何十年もドイツで生活しているのにドイツ語できないトルコ人、
男尊女卑の習慣や宗教上の問題で家族内でもドラブルがあったり、

いわば失敗から学んだことを踏まえて、
難民の子供たちにはすぐにドイツの学校や幼稚園に通わせて、
語学を学んでもらったり、難民への語学教員に力を注いでいます。

と、話が脱線してしまいましたが、
以前の失敗の経験から、
今回なにを優先されるかといのが分かっているようです。

私もこのビジネスを始めた当初、最初の海外在住者ということで
日本向けのマニュアル通りに作業が進みませんでした。
自分なりに色々と調べていましたが、
結果として、それはなんの効果もなく無駄でした。

このことから、ご入会後できるだけ効率よく作業を進められるよう
入会者のための資料も海外在住者向けに自分で作りなおしました。
失敗から学んだことです。

ちょっと遠回りになったと思いますが、
長い人生、少しぐらい寄り道しても大丈夫でしょう。
ただ、最終目的を見失わなければ、いいと思います。